受験校決定の時期ですね

二日続いた雨も終わり、今日は気持ちのよい天気ですね。

11月の下旬になろうとしているのに、ジャケットが暑く感じられる午後の気温です。

センター試験まであと2ヶ月を切りましたね。
私立医学部入試までも残り2か月となりました(時期はさまざまですが)。

第一希望を貫いている人、成績の上昇、伸び悩みで受験校を決めかねている人も
いますが、そろそろ出願時期もせまってきましたよ。
PMDでも色々な大学の願書を取り寄せました。

受験校を決めるポイントは人それぞれだと思いますが、

・がんばったら合格できるレベルの大学
・一番行きたい、興味がある大学(成績に関係なく)
・一番行きたいわけではないけれど、受けておくつもりの大学(滑り止め)
・志望校は決めていないが、とにかくたくさん受けてひとつでも受かりたい

などなど。

医学部受験となると、競争相手は全国から集まることがほとんどです。
地元の試験会場、本学、福岡、大阪、名古屋、東京など、色々な会場に多くの受験生が
やってきます。

九州の方ならば、福岡で受けられる大学を選ぶというのもひとつの手でしょう。
3日連続で3つの大学を福岡で受けることも可能です。

受験日が選べる大学も調べましょう。
受験日が重なると、受けたい大学が2つあるときに受けたくても
受けることができません。
会場が遠い場合は前泊の必要性も考えなければなりません。

さらに、受験に宿泊が必要な人は、受験校を決めたらすぐに
ホテルや旅館の予約をしましょう。
12月上旬くらいまでには決められるといいですね。
試験会場は全国の大きな都市に集中しています。
そういったところでは、同じ時期に有名なグループのコンサートが重なることもあり
ファンの人たちの宿泊で、部屋が埋まっていることもあります。
まだ時間があるから大丈夫だろう、と思った時にはもう会場に近いホテルは空きがない。
これ、過去に合った本当の話です。

受験直前になって、受験以外のことで頭を悩ませる必要がないよう、
用意周到で臨みましょう。

PMDのHPで受験情報が見られます

皆さんこんにちは。

今日の熊本市は雲がほとんどない、いいお天気ですね!

梅雨明けも間近でしょうか?

さて今日はお知らせがあります。

熊本校のページもある、PMD医歯薬個別指導予備校のウェブサイトの左メニューに
「医学部 大学情報」というピンクのアイコンがあります。

ここをクリックしますと、地方別に大学が一覧で載っていまして、
大学名をクリックすると、その大学について、随時更新された受験情報がが見られます。

各大学へリンクを貼っていますので、大学情報をお調べの際は
是非!このPMDの「医学部 大学情報」へお越しください!

このアイコンは、PMD医学部専門予備校のウェブサイトでも見ることができます。

2015年度医学部入試 偏差値65以上が9割

6月10日の日経メディカル記事に

「偏差値65以上が9割 2015医学部入試の全容」

というタイトルのものがありました。

記事を要約しますと

・医学部募集人員が増加→志願者が増加→偏差値が上がった

・偏差値は65以上が9割、低くても62.5

・安全志向の受験生が増え、国公立の志願者が減少(現役でランクを下げてでも受かりたい)。

・今年のセンター試験は理系科目が難しかったこともあり、国公立で2次試験を受ける決心ができない生徒が多かったのでは

・私立は学費を下げるところも出てきて、上の原因も相まって志願者が増加。

・国公立の倍率(志願者数)は増減の周期があり、去年倍率が低かったからと言って今年も低いとは限らない
 (みんな同じことを考えている)

偏差値65、というのは、国公立、私立ともにだそうです。
偏差値が65以上が9割ということは、模試の成績の目標として65がとれれば
合格にかなり近づくということになります。

最後の点についてですが、
去年の倍率が高かったら、皆さんならどうしますか?

「人気があるな。今年も難しいかも・・・」と思って
出願をあきらめる人が多いのではないでしょうか。

皆も同じことを考えていて、
今年は出願を控えたところ、去年より倍率がずいぶん下がる、ということが起きます。

そして来年は、今年の倍率が低かったために、「狙い目かも?」と思って
出願する人が増えます。

それが、倍率の増減が周期的にある、ということだそうです。

そろそろ第1回の全統模試の結果が返ってきていると思いますが、
模試の結果を分析して、どの単元の点数があがれば合格に近づけられるか、よく考えてみましょう。

また第1回進研マーク模試の結果は来月に返ってきますが、
こちらも得点アップのために分析はしっかりしましょうね。

PMDウェブサイト 随時更新しています!

皆さんこんにちは。

PMDグループのウェブサイトが、日に日に充実してまいりました!

各校のブログを始め、フェイスブック、ツイッターを更新しています。
また、医歯薬進学の生徒が多い高校(各校エリア)もご紹介しています。

また、各大学の試験の傾向と対策もどうぞ参考にされてください!

PMD個別予備校のHPのトップページの左側に、ずら~っとメニューがあります。

九州 医歯薬国公立大学 入学志願状況

入学志願状況が公開されている九州の国公立大学についてお知らせします。
各大学HPで調べたもので、情報はすべて前期についてのみです。
確実な情報は、必ず大学のHPで調べるようにしてください。

九州大学
・医学部医学科 定員111 志願者379 倍率3.4
・歯学部 定員37 志願者109 倍率2.9
・薬学部創薬化学科 定員45 志願者86 倍率1.9
・薬学部臨床薬学科 定員26 志願者67 倍率2.6

熊本大学
・医学部医学科 定員80 志願者507 倍率6.3
・薬学部薬学科 定員45 志願者277 倍率6.2
・薬学部創薬・生命薬科学科 定員25 志願者74 倍率3.0

長崎大学
・医学部医学科 定員76 志願者494 倍率6.5
・歯学部歯学科 定員33 志願者 142 倍率4.3
・薬学部薬学科 定員30 志願者74 倍率2.5
・薬学部薬科学科 定員21 志願者70 倍率3.3

佐賀大学
・医学部医学科 定員50 志願者258 倍率5.2

大分大学
・医学部医学科 定員65 志願者302 倍率4.6

宮崎大学
・医学部医学科 定員50 志願者338 倍率6.8

鹿児島大学
・医学部医学科 定員67 志願者300 倍率4・5
・歯学部歯学科 定員38 志願者210 倍率5.5

琉球大学
・医学部医学科 定員70 志願者363 倍率5.2

医学部医学科の過去問題 アップしました

みなさんこんにちは。

PMD医学部専門予備校のHPに、医学部医学科の過去問題をアップしています。
登録などないそうですので、お気軽にお役立ていただければ幸いです。

国公立・私立大学医学部 過去問題

熊本 センター試験会場一覧

今週末はセンター試験です。
国公立志望の人も、私立でセンター試験利用入試を受ける人も、どうぞ体調に気をつけて最後の追い込みに励んでください!

熊本県の会場一覧です。

●熊本大学試験場………..バス停「熊本大学前」下車徒歩1分

●熊本県立大学試験場…….バス停「「県立大通り」または「県立大学前」下車、徒歩1分または「日赤病院前」下車徒歩1分

●崇城大学試験場……….JR「崇城大学前」駅下車、バス停「崇城大学前」またはバス停「釜尾」下車

●熊本学園大学試験場……バス停「学園大学前」下車すぐ、またはバス停「大江渡鹿」下車 徒歩約5分

●尚絅大学試験場(九品寺キャンパス)……….バス停「尚絅校前」下車徒歩1分、または市電(健軍行)「九品寺交差点」下車徒歩5分

●九州ルーテル学院大学試験場…….バス停「ルーテル学院前」下車

●九州看護福祉大学試験場……バス停「九州看護福祉大学前」下車(JR玉名駅より乗車時間約8分)

●熊本保健科学大学試験場……バス停「西里駅前」下車徒歩4分

●尚絅大学短期大学部試験場…..JR豊肥本線 「武蔵塚駅」下車徒歩20分または「尚絅大学前」下車徒歩1分

センター試験まであと1ヶ月

皆さんこんにちは。

北海道、東北地方はここ2、3日でずいぶんひどい天候だったようですね。
熊本にもすこしだけ雪が降りましたが、昼間は晴れていました。
皆さん、くれぐれも体調にはお気をつけください。

センター試験(1月17日、18日)まで1ヶ月を切りましたね。
受験生の皆さん、準備はいかがですか?

年末年始はあっという間に過ぎてしまいますよ。
一日一日を大切に、効率よく勉強を進めてくださいね。

インフルエンザの予防接種はもう受けましたか?
一度受けて、さらに効果を上げたい方はもう一度打つのもいいと思います。

試験を万全な体調で受けられるよう、受験生がいるお家の方は気配りをお願いします。

受験雑誌を活用しましょう

皆さんこんにちは。

来週月曜から、センター試験の出願期間が始まりますね。
受験する方、書類の準備はできていますか?
高卒生の方は、高校の卒業証明書が必要ですから、出身高校にお問い合わせくださいね。

また、受験料は振込用紙での支払いとなりますが、こちらは裏に「ATMでもご利用いただけます」と記載されていますが、実際はかならず窓口での支払いをしなければなりませんのでご注意を!振込用紙の表にちゃんと書いてありますよ。

さて、受験のための情報を集める生徒さんや保護者の方がたくさんいらっしゃると思いますが、インターネットでひとつひとつの大学を調べたり、いくつかの大学の試験内容をまとめて比較したいということがありますよね。
そんなときは各出版社から発売されている受験雑誌を活用してはいかがでしょうか。

受験全般であれば、蛍雪時代があります。
また医歯薬にしぼった雑誌ならば、ほぼ毎月刊行の医歯薬進学という雑誌があります。

週刊朝日ムックからは、今月「医学部に入る 2015」が発売されました。
各大学の紹介や試験実施日などが書いてあって、役立ちますよ。

センター試験願書受付が始まります

皆さんこんにちは。

センター試験の願書配布が始まっています。

出願期間は9月29日(月)から10月9日(木)までと短いですので、まだ願書をもっていない方は願書を取り寄せて出願書類をまとめてしまいましょう。

試験は1月だから・・・とのんびりしていたら、出願締切になってしまいますよ!
受験料払込もお忘れなく。

願書はセンター試験の会場となっている大学で無料でもらえますから、お近くの方は直接行ってみるといいですね。