2015年度医学部入試 偏差値65以上が9割

6月10日の日経メディカル記事に

「偏差値65以上が9割 2015医学部入試の全容」

というタイトルのものがありました。

記事を要約しますと

・医学部募集人員が増加→志願者が増加→偏差値が上がった

・偏差値は65以上が9割、低くても62.5

・安全志向の受験生が増え、国公立の志願者が減少(現役でランクを下げてでも受かりたい)。

・今年のセンター試験は理系科目が難しかったこともあり、国公立で2次試験を受ける決心ができない生徒が多かったのでは

・私立は学費を下げるところも出てきて、上の原因も相まって志願者が増加。

・国公立の倍率(志願者数)は増減の周期があり、去年倍率が低かったからと言って今年も低いとは限らない
 (みんな同じことを考えている)

偏差値65、というのは、国公立、私立ともにだそうです。
偏差値が65以上が9割ということは、模試の成績の目標として65がとれれば
合格にかなり近づくということになります。

最後の点についてですが、
去年の倍率が高かったら、皆さんならどうしますか?

「人気があるな。今年も難しいかも・・・」と思って
出願をあきらめる人が多いのではないでしょうか。

皆も同じことを考えていて、
今年は出願を控えたところ、去年より倍率がずいぶん下がる、ということが起きます。

そして来年は、今年の倍率が低かったために、「狙い目かも?」と思って
出願する人が増えます。

それが、倍率の増減が周期的にある、ということだそうです。

そろそろ第1回の全統模試の結果が返ってきていると思いますが、
模試の結果を分析して、どの単元の点数があがれば合格に近づけられるか、よく考えてみましょう。

また第1回進研マーク模試の結果は来月に返ってきますが、
こちらも得点アップのために分析はしっかりしましょうね。

川崎医科大学 合格おめでとうございます

皆さんこんにちは。

熊本校よりうれしいお知らせです。

川崎医科大学に合格した方がいらっしゃいます!!!

PMDでの授業、自宅での勉強も一生懸命進めて、合格してくれました。

本当に、おめでとうございます。
入学してからまだまだ大変な勉強が待っていますが、大学合格するまで勉強を頑張った自分を信じて、
これからも成長していってほしいと思います。

私立後期・二次対策 受講生募集中

みなさんこんにちは。

私立一般入試真っ最中ですね。
最後の試験までモチベーションを切らさないように頑張ってください。

PMDでは、私立後期対策、国公立二次試験対策の生徒さんを募集しています。
詳しくはこちらのチラシをご覧ください。

私立後期・二次対策

医学部医学科の過去問題 アップしました

みなさんこんにちは。

PMD医学部専門予備校のHPに、医学部医学科の過去問題をアップしています。
登録などないそうですので、お気軽にお役立ていただければ幸いです。

国公立・私立大学医学部 過去問題

私立前期試験が始まりました

センター試験を受験されたみなさん、お疲れ様でした!

結果はみなさんが望んでいたものになりましたか。
思うようにうまくいかなかった方は、次の一般入試、二次試験等に向けて気持ちを切り替えるようにしましょう。

さて、今日から私立の入試が始まりました。
私立医学部、最初の受験は愛知医科大学です。

センター試験が終わってすぐ、試験会場近くに前日から泊まられた方もいらっしゃいますよね。
自分のうちと違う場所で寝泊まりすると、いつものような睡眠がとれないこともあると思います。
しかし夜遅くまで手あたり次第に復習をするのは効果的ではないですよ。

寒い部屋で寝たことが原因で、次の日風邪をひくことだってありますから、試験に備えて、十分な睡眠、体調管理に気を付けてください。
もちろん、しっかり食事もしましょうね。

私立医学部の出願期間が始まりました

皆さんこんにちは。

昨日、インフルエンザの予防接種を受けてきました。
予防接種で効果が出る(インフルエンザウイルスへの免疫ができる)まで2~3週間かかるそうです。
受験生の皆さんは、受験までの大切な日々を病気で損してしまわないよう、自主的に予防接種を受けてくださいね。
受付から終了まで、30分もかかりませんよ。

さて、今週はじめから、私立医学部2015年度入試の出願が始まっています。
国公立と違い、私立大学の入試日程は様々ですから、いくつかの大学を受験することができますね。
ただし、やはり日程が重なる大学もいくつかありますから、自分がどの大学を受けたいのか、しっかり日程を見て出願してください。
一次試験で重なっていなくても、二次試験で重なっているところもきちんと確認してくださいね。

また、試験日が一日ずれていても、会場が遠い(たとえば福岡と東京)など、移動がむずかしいこともありますので、要注意ですよ!

受験雑誌を活用しましょう

皆さんこんにちは。

来週月曜から、センター試験の出願期間が始まりますね。
受験する方、書類の準備はできていますか?
高卒生の方は、高校の卒業証明書が必要ですから、出身高校にお問い合わせくださいね。

また、受験料は振込用紙での支払いとなりますが、こちらは裏に「ATMでもご利用いただけます」と記載されていますが、実際はかならず窓口での支払いをしなければなりませんのでご注意を!振込用紙の表にちゃんと書いてありますよ。

さて、受験のための情報を集める生徒さんや保護者の方がたくさんいらっしゃると思いますが、インターネットでひとつひとつの大学を調べたり、いくつかの大学の試験内容をまとめて比較したいということがありますよね。
そんなときは各出版社から発売されている受験雑誌を活用してはいかがでしょうか。

受験全般であれば、蛍雪時代があります。
また医歯薬にしぼった雑誌ならば、ほぼ毎月刊行の医歯薬進学という雑誌があります。

週刊朝日ムックからは、今月「医学部に入る 2015」が発売されました。
各大学の紹介や試験実施日などが書いてあって、役立ちますよ。

入試情報アップしました

皆さんこんにちは。

学校の夏休みもあと10日で終わりですね。
残りも計画的に勉強を進めてくださいね。

さて、PMDでは受験生や受験生の保護者の方に参考にしていただけるよう、入試情報をまとめています。
HPでご覧いただけますので、ぜひクリックしてページをご覧ください!

国公立大学医学部入試変更点

私立大学医学部入試変更点

私立大学 医学部 推薦入試要項(日程関連)

志望校のは、こちらの情報だけでなく、必ず大学のHPでも確認するようにしてくださいね。

出願期間がセンター後に終わる大学

皆さんこんにちは。

センター試験まで残り9日となりました。

今日熊本市では青空が心地いいのですが、冷たい風が吹いています。
外出の際はあたたかくしていきましょう。
さて、センター試験の勉強に励んでいらっしゃる方ばかりだと思いますが、希望大学への出願のこともしっかり覚えておきましょう。

私立大学の出願はすでに始まっています。
センター試験後すぐに出願期間が終わってしまう大学もあるので、必ず自分の受験希望大学の出願期間を確認して、いま出願の準備を整えておいてください。

センター試験直前は試験の準備、直後は採点などもありますから、気持ちにも余裕がないかもしれません。

できるだけ早い出願準備を心がけてください。

私立大学で医学部を設置しているところで、センター試験後出願期間の締切が早い順に並べています。

センター試験前に出願が終わる大学は載せていません。
詳しくは、各大学のHPで必ず確認してください。

1月20日

東邦大学 (窓口は21日17時まで)
北里大学 (一般)
藤田保健衛生大学 (一般前期)

1月21日

東京医科大学
東京女子大学
福岡大学 (今年からインターネット出願ができます)

1月22日

自治医科大学 (1月21日の消印有効)

1月23日

慶應義塾大学
昭和大学 選抜Ⅰ期
帝京大学
東海大学 (一般A方式)

1月24日

産業医科大学 (二次)

1月29日

東京慈恵会医科大学

1月31日

日本大学
大阪医科大学

また私立大学医学部の入試情報をこちらにも掲載しています。どうぞご覧下さい。