もうすぐ薬剤師国家試験の合格発表です

皆さんこんにちは。

熊本は桜がどこも満開です。
昨日、おとといは熊本城へ足を運ぶ人も多かったようです。

私自身は今年まだ花見をしていないのですが、今週末の雨で、桜は幾分散ってしまいそうですね。
来週またいい天気になるといいのですが・・・。

前回は医師、歯科医師国家試験の合格発表について書きました。
来週月曜日は薬剤師国家試験の合格発表があります。

薬剤師国家試験の発表は年度末も年度末。
試験自体も医師国家試験より遅いのですが、発表があるのが遅いと、落ち着かないですね。

薬剤師の資格があると、結婚、出産後もパートタイムで働ける場所が多く、女性にも人気が出ています。

熊本には国立法人熊本大学と、私立崇城大学に薬学部があります。
崇城大学の薬学部が設置されたのは2005年と新しく、当時のテレビCMも覚えています。

月曜日の合格発表で、受験された方々が多く合格されることを願っています。
合格者情報については、後日投稿します。

医師国家試験の合格発表

18日は、2月に行われた医師国家試験の合格発表日でした。

厚生労働省の発表によりますと、合格者は全国で7820人だったそうです。
合格された皆さん、本当におめでとうございます。

これからは、医者として、患者さんの命を預かる大きな責任が伴う仕事を始められるわけですが、
ここからがまたスタートだと思って、心を新たに、頑張ってください!

ちなみに大学別に見た合格者率は、自治医科大学の99.1%がトップです。

熊本大学の医師国家試験の合格者率が、2011年には国公立大学で最下位になったという結果がありましたが、今年はどうだったのでしょうか。

地元の大学としては、ぜひこれからもっと合格者を世に送り出して欲しいという気持ちでいっぱいです。

それから、歯科医師国家試験も同じ日に合格発表がありました。
こちらの全国合格率は63.3%だったそうです。

どちらの試験においても、新卒者の合格率が高かったということです。

PMDで日々学習に取り組んでいる既卒生や現役生にも、一年も早く、この合格したときの喜びを味わって欲しいと思います。
私たちも精一杯、その意欲に答えられるよう、励んでまいります。

春期講習受付中です

皆さんこんにちは。

熊本市は今日はあいにくの雨ですね。
明日あさっても雨になるようです。週末にはいい天気になるといいのですが・・・。

現在各国公立大学では後期入試が実施されています。
前期で残念な結果であった人は、これでなんとか志望校へ合格してほしいですね。

高校2年生の方は、実はもう来年のセンター試験まで10ヶ月しかないということを頭に入れておくべきでしょう。
推薦入試を狙っている方は、もう半年ほどしかありませんよ。

いま部活をしている2年生は、なかなか学校の授業があるときに勉強の時間がとれない人もいると思います。
とくに春休みなどは、大会や合宿もあるでしょう。
でも目をそらさずによく考えてみてください。

2年生の間に、わからないことが増えたりしていませんか。
定期テスト前にあわててテスト範囲を見直してなんとかなっている、という状況ではありませんか。

春休みは、次の学年に上がる前に復習するいい期間です。
各教科の勉強時間にばらつきがある方は、春休みに苦手な部分を集中してするべきではないでしょうか。

PMDでは、春期講習と題しまして、春休みのみの受講も受け付けています。
熊本校の授業はすべてマンツーマンのみとなっております。
春休みなら、午前中や昼間の時間に来て授業を受けることができますよ。

授業以外でも、自習スペースはいつでもお使いになれます。
家ではなかなか取りかかれない春休みの宿題などをしてもいいでしょう。

生活リズムが乱れがちな長期休暇に、ぜひPMDの教室を利用してみてはいかがでしょうか?

お問い合わせはPMD予備校グループのHPからどうぞ!

卒業おめでとうございます

皆さんこんにちは。

しばらくブログ編集機能の調子が悪く、更新が遅れてしまいました。

更新できなかった間に、高校の卒業式があり、国公立大学前期入試があり、合格発表が始まり・・・

とても慌ただしい季節ですね。

卒業された方、ご卒業おめでとうございます。

在校生の方も、式の準備や卒業生に送るプレゼントを用意など、大変だったのではないでしょうか。
お疲れ様でした。

保護者の方におきましては、お子さんの大切な人生の一区切りを一緒にお過ごしになったかと思います。
受験に関しては、お子さんより心配され、遅くまで勉強する姿を見ては
「この子の努力がどうか報われますように」と願われたことでしょう。

一生懸命勉強してひと段落し、食事のために台所へ向かったら暖かい食事が用意されていたこと。
勉強の迷惑にならないようにと、別の部屋で見ているテレビの音量を抑えてくれたこと。
学校から帰ってくるタイミングに合わせて、勉強部屋を暖めてくれていたこと。

家族がしてくれたいろんな形での応援が、受験生の励みになったと思います。
ご家族の皆様も、応援ご苦労様でした。